シミを隠す化粧品|まつエクでぱっちりとした自慢の目になる|違う私に変身
女の人

まつエクでぱっちりとした自慢の目になる|違う私に変身

最新記事一覧

シミを隠す化粧品

女性

シミにはいくつかの種類があります。かんぱんやそばかすなどの広範囲に広がるシミや、ニキビや火傷、傷跡による色素沈着、最も一般的な老人性色素斑があります。広範囲なシミを隠す際、コンシーラーをベタ塗りしてしまうと厚化粧になってしまいます。そのため、広範囲のシミはリキッドファンデーションなどのカバー力が高いファンデーションを使用すると適切です。また、気になる部分だけリキッドファンデーションを重ね付けすればナチュラル感を演出できます。色素沈着などはコンシーラーでシミ隠しができます。スポンジにリキッドファンデーションを少量取り、色素沈着のシミの上にポンポンと付ければ、気にならなくなります。シミ隠しにはさまざまな方法がありますが、シミの大きさや色合いから選ぶことが大切です。ナチュラルに見える仕上がりを重視しましょう。

シミ隠し化粧品を選ぶ際は、自分の肌色から色味を選ぶ必要があります。シミを隠そうと、肌色よりも明るいトーンを選んでしまうと、首と顔の色に差がついてしまい厚化粧に見えてしまいます。また、コンシーラーやリキッドファンデーションなどのシミ隠し化粧品を使用すると肌が乾燥してしまうという人は、肌にやさしいものを選びましょう。シミ隠し用の化粧品には敏感肌用や乾燥肌用があります。また、手軽に使えるスティックタイプやクリームタイプもあります。ポーチに忍ばせておいて、気になるときにサッと塗れるため安心です。ちなみに、シミ隠しをクマ隠しに使用する人もいますが、目の周りは皮膚が非常に薄いため使用する際は注意しましょう。